名古屋グランパス、ゴールドの「名古屋テレビ塔60周年記念ユニフォーム」を発表

6シーズン指揮を執ったドラガン・ストイコヴィッチ氏の後任として、西野朗監督を迎え、新たな一歩を踏み出した名古屋グランパス。 若手を積極的に起用しつつ新スタイルの構築を目指しているものの、ここまでは5勝1分8敗の15位。特にホームで1勝7敗という成績は非常に厳しく、巻き返しのためクラブは今月初めにMFレアンドロ・ドミンゲスを柏レイソルから獲得している。 その名古屋は今年、柏レイソルやFC東京、ヴァンフォーレ甲府とともに新ユニフォームを投入しなかったクラブの一つだが、恒例の記念ユニフォームを28日に発表。2012年の「チーム発足20周年記念ユニフォーム」、2013年の「Jリーグ20周年記念ユニフォーム」に続き、名古屋市を象徴する建物の一つである「名古屋テレビ塔60周年記念ユニフォーム」が登場した。 Nagoya Grampus 2014 le coq sportif Special コンセプトはそのものズバリ「名古屋テレビ塔」で、1954年、日本で最初に完成した集約電波塔のモチーフとボーダー柄を組み合わせたデザイン。ユニフォームカラーはテレビ塔が照らし出す美しい光をイメージしたゴールドを採用している。(しゃちほこではなかった) GKモデルは初の赤。守護神の楢崎正剛にとっては、長年望んだチームカラーのユニフォームとのことだ。 「名古屋テレビ塔60周年記念ユニフォーム」は、サプライヤーのle coq sportifがワンデースポンサーを務める8月9日(土)の鹿島アントラーズ戦を皮切りに、8月23日(土)の柏レイソル戦、8月30日(土)の川崎フロンターレ戦で着用予定。いずれも今季苦手のホームでの試合となっており、結果が注目される。

名古屋グランパス 2018新ユニフォーム ホーム

2017シーズン、クラブ史上初のJ2を戦った名古屋グランパス。 川崎フロンターレ前監督の風間八宏氏を新たな指揮官として招聘し、攻撃的なパスサッカーを展開。特にガブリエル・シャビエルが加入した7月以降は“強さ”を見せた。 失点の多さにより自動昇格圏の2位以内を逃したが、3位で出場したJ1昇格プレーオフでジェフ千葉、アビスパ福岡を撃破。見事1年でのJ1復帰を決めている。 その名古屋が12月3日、2018シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。 Nagoya Grampus 2018 Mizuno Home 名古屋の新しいホーム(1st)ユニフォームは、赤を基調にグラデーションのボーダー柄を採用。 これは、選手、サポーター、ホームタウン、パートナーなど、クラブに関わるすべての人の個性が集合して一つに染まる姿をイメージしている。 それぞれが居るからこそ一つのクラブになる。“グランパスで一つになる幸せ”を感じて欲しいという願いが込められたデザインだ。サプライヤーは2年目のMizuno。 ヘンリーネックにクラブカラーのノーブルレッドとスターオレンジを配色することにより、グランパスらしさをUP。 右袖にはホームタウンのロゴが新たに追加された。左から愛知県・名古屋市・豊田市・みよし市の章。 全身はこんな感じ。黒パンツ、黒ソックスとの組み合わせが力強さを感じさせる。 ユニフォームスポンサーは、胸の「トヨタ自動車」、背中上部の「アイシン精機」、背中下部の「豊田通商」、袖の「トヨタファイナンス」、パンツの「トヨタメディアサービス」がいずれも継続。