名古屋グランパス、ゴールドの「名古屋テレビ塔60周年記念ユニフォーム」を発表

6シーズン指揮を執ったドラガン・ストイコヴィッチ氏の後任として、西野朗監督を迎え、新たな一歩を踏み出した名古屋グランパス。 若手を積極的に起用しつつ新スタイルの構築を目指しているものの、ここまでは5勝1分8敗の15位。特にホームで1勝7敗という成績は非常に厳しく、巻き返しのためクラブは今月初めにMFレアンドロ・ドミンゲスを柏レイソルから獲得している。 その名古屋は今年、柏レイソルやFC東京、ヴァンフォーレ甲府とともに新ユニフォームを投入しなかったクラブの一つだが、恒例の記念ユニフォームを28日に発表。2012年の「チーム発足20周年記念ユニフォーム」、2013年の「Jリーグ20周年記念ユニフォーム」に続き、名古屋市を象徴する建物の一つである「名古屋テレビ塔60周年記念ユニフォーム」が登場した。 Nagoya Grampus 2014 le coq sportif Special コンセプトはそのものズバリ「名古屋テレビ塔」で、1954年、日本で最初に完成した集約電波塔のモチーフとボーダー柄を組み合わせたデザイン。ユニフォームカラーはテレビ塔が照らし出す美しい光をイメージしたゴールドを採用している。(しゃちほこではなかった) GKモデルは初の赤。守護神の楢崎正剛にとっては、長年望んだチームカラーのユニフォームとのことだ。 「名古屋テレビ塔60周年記念ユニフォーム」は、サプライヤーのle coq sportifがワンデースポンサーを務める8月9日(土)の鹿島アントラーズ戦を皮切りに、8月23日(土)の柏レイソル戦、8月30日(土)の川崎フロンターレ戦で着用予定。いずれも今季苦手のホームでの試合となっており、結果が注目される。

フランス代表、エレガントさを強調した新アウェイユニフォームを発表

昨年のブラジルW杯では準々決勝でドイツに敗れたものの、ポール・ポグバやラファエル・ヴァラヌなど若手の台頭が光ったフランス代表。来年、地元で開催するEUROに向けて期待が高まっている。 そのフランスが新しいアウェイユニフォームが22日に発表された。 France 2015 Nike Away W杯ではカジュアルなボーダー柄のアウェイを使用していたが、今作は引き続き白を基調としながらも、フランスらしいエレガントさを強調したデザイン。 フランス語でボーダーTシャツを表す「マリニエール(水夫)」を今回はシャドーで入れつつ、国旗カラーの青と赤を各所に配している。 サイド部分はパンツまで赤いラインが一直線。 ソックスははっきりとしたボーダー柄となった。赤が入ったことで、アメリカ代表のホームといった雰囲気も? EURO2016開催国のため予選のないフランスは今回のインターナショナルマッチウィーク、26日にブラジル、29日にデンマークといずれもホームで対戦。 ちなみに、今年の女子W杯で優勝候補として注目を集めるフランス女子代表もこのユニフォームを使用する。

イタリア、EURO2016に向けた新ユニフォームを発表!

昨年のワールドカップで無念のグループステージ敗退を喫したイタリアは大会後、ユヴェントスでリーグ3連覇を達成したアントニオ・コンテ監督を招聘。迎えたEURO2016予選、チームはクロアチア、ノルウェー、ブルガリアらと同居しながら7勝3分と無敗で本大会出場を決めた。 準優勝に終わった前回大会のリベンジを目指す彼らが9日、発表済みのアウェイに続く新しいホームユニフォームをフィレンツェで行われたイベントでお披露目した。 Italy 2016 Puma Home 伝統的な青と白のキットは、これまで彼らが残してきた功績に加え、イタリアといえば外せないファッションに敬意を払ったデザイン。 “カルチョ”の伝統、情熱、そしてプライドとともに、Pumaが細部にまでこだわって作り上げたユニフォームだ。 イタリア代表チームのキャプテンで自身もPumaと契約しているジャンルイジ・ブッフォンは、このように語っている。 「私は10年以上にもわたる長い期間、Pumaとともに活動してきました。Pumaがイタリアキットのデザインを作る際の集中力には実に感服しています。イタリアの人々は、自分を良く見せることが好きです。特に身体的な美しさを表現するには信頼できるシャツが重要です。このシャツはPumaがそのことを理解していることを表しています。そしてまた私たちの高い予想を上回ってきました」

ローマが2016-17新ユニフォームを発表!「コロッセオ」に触発されたデザイン

ルディ・ガルシア監督のもとで2年連続2位という成績を残してきたローマだが、2015-16シーズンは不調に陥り、1月にガルシア監督を解任。ルチアーノ・スパレッティ監督が2009年以来となる復帰を果たした。 その効果もあってか、チームは最終的に3位でフィニッシュ。3年連続のCL出場権を獲得している。 AS Roma 2016-17 Nike Home 6日に発表されたローマの新しいホームユニフォームは、暗めの赤を基調とした伝統的なデザイン。 アクセントとして“ジャッロロッソ”の黄色が取り入れられているほか、正面に配されたシャドーのボーダー柄をよく見ると、不思議な斜めのラインが。 これは、世界的な名所であるローマのコロッセオに触発されたもの。 言われてみれば「なるほど!」という感じだ(写真のように一般的なイメージでは逆方向のラインだが)。ボーダーのデザインも実はコロッセオが由来である。 インテル同様、ローマもNikeの最新モデルのトレンドに合わせてソックスのみ別カラーを採用している。ローマの場合シャツとパンツが同色というのも珍しい。

ベガルタ仙台 2017新ユニフォーム アウエイ

Vegalta Sendai 2017 adidas Away アウェイ(2nd)は白を基調にしたチェック柄。こちらはクラブマスコット「ベガッ太」などクラブを象徴する動物、ワシが大空を羽ばたくイメージの青を合わせている。 …胸番号の視認性はあまり高くないようだ。 GKユニフォームは、ホームがピンク、アウェイは黒っぽく見えるが一応紺。このように、仙台の2017モデルは4種すべてがチェック柄となった。 ユニフォームスポンサーは、胸の「アイリスオーヤマ」、背中上部の「やまや」、背中下部の「セルコホーム」、袖の「七十七銀行」、パンツの「角川学園」がいずれも継続している。

ドルトムント 2017-18ユニフォーム サード

7月15日に「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」で浦和レッズと対戦するボルシア・ドルトムント。ピーター・ボス新監督のもと、ハードなトレーニングとプレシーズンマッチをこなしており、リーグ開幕まで約1か月という時期にアジアツアーの一環として来日する。 そんな最中の7月1日に、新シーズンに向けたサードユニフォームを発表。アウェイユニフォームはまだ発表されておらず、サードが先行という形になった。 Borussia Dortmund 2017-18 Puma Third 新しいサードユニフォームはライトグレーヘザーをベースに、肩のラインとスポンサーロゴにホワイトを配色。Tシャツのような雰囲気があるデザインだ。 胸スポンサーは、いまやドルトムントのユニフォームの顔ともいえる「EVONIK」。2024-25シーズンまでの長期契約となっている。 背面の首元には、お馴染みの「BVB」の文字が見える。“Ballspielverein Borussia”の略で、ボルシアの球技クラブ(または球技団体)の意味。 長袖もレプリカユニフォームとして市販される。なおサードユニフォームはゴールキーパーも着用予定だ。 パンツとソックスはホワイトを基調にブラックの差し色。ソックスにはBVBとキャットロゴのグラフィック入り。 街中に上手く溶け込みそうなシンプルなデザインは、タウンユースに向いているかもしれない。

名古屋グランパス 2018新ユニフォーム ホーム

2017シーズン、クラブ史上初のJ2を戦った名古屋グランパス。 川崎フロンターレ前監督の風間八宏氏を新たな指揮官として招聘し、攻撃的なパスサッカーを展開。特にガブリエル・シャビエルが加入した7月以降は“強さ”を見せた。 失点の多さにより自動昇格圏の2位以内を逃したが、3位で出場したJ1昇格プレーオフでジェフ千葉、アビスパ福岡を撃破。見事1年でのJ1復帰を決めている。 その名古屋が12月3日、2018シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。 Nagoya Grampus 2018 Mizuno Home 名古屋の新しいホーム(1st)ユニフォームは、赤を基調にグラデーションのボーダー柄を採用。 これは、選手、サポーター、ホームタウン、パートナーなど、クラブに関わるすべての人の個性が集合して一つに染まる姿をイメージしている。 それぞれが居るからこそ一つのクラブになる。“グランパスで一つになる幸せ”を感じて欲しいという願いが込められたデザインだ。サプライヤーは2年目のMizuno。 ヘンリーネックにクラブカラーのノーブルレッドとスターオレンジを配色することにより、グランパスらしさをUP。 右袖にはホームタウンのロゴが新たに追加された。左から愛知県・名古屋市・豊田市・みよし市の章。 全身はこんな感じ。黒パンツ、黒ソックスとの組み合わせが力強さを感じさせる。 ユニフォームスポンサーは、胸の「トヨタ自動車」、背中上部の「アイシン精機」、背中下部の「豊田通商」、袖の「トヨタファイナンス」、パンツの「トヨタメディアサービス」がいずれも継続。  

アイルランド代表 2016 ホーム ユニフォーム

選手と、サポーターが楽しみしている夏の大会がフランスで行われますが、そこで着用される新しいアイルランド代表のホームシャツを発表しました。 クラシックなスタイルと目を引くデザインのエキサイティングなコンビネーション! シャツ本体には微妙ですが、印象的な斜めストライプを配置し伝統的な襟の仕様とは対照的に現代的な解釈を施した、人目を引くデザインのディティールとなっています。 その他、襟とサイドのパネルに配置された色は過去の伝統的なアイルランドのシャツのイメージを継承しております。 新しいシャツのバックネックにはアイルランドのホームスタジアムのダブリンのAvivaスタジアムの緯度と軽度が記されています。 この夏フランスで活躍するときでも、選手とファンは少しだけアイルランドを旅するのです。 その上のパターンはケルトの結び目の模様からインスパイアされたものになります。 機能的には、このキットは、人体工学に基づき、動きをサポートするように形作られています。わきの下のパネルが、通気性を向上します。 ※Allez Les Verts!(フランス語で「がんばれ緑」の意味。緑はアイルランド代表のチームカラー)

湘南ベルマーレユニフォーム激安通贩

メーカー:PENALTY/ペナルティ メーカーカラー:グレーン シーズン:2016 素材:ポリエステル100% 商品詳細: 湘南ベルマーレは、日本の神奈川県厚木市、伊勢原市、小田原市、茅ヶ崎市、秦野市、平塚市、藤沢市、大磯町、寒川町、二宮町、鎌倉市、南足柄市、大井町、開成町、中井町、箱根町、松田町、真鶴町、山北町、湯河原町をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 商品特徴: 1.サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカモデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。 2.Vネックにはゴールドを差し色として採用。 3.デザインコンセプトにより、通常のユニフォームに比べ、革新的な機能性を実現。 4.背中には通気性、汗処理に優れるボーダーメッシュを採用。

ニュルンベルクユニフォーム激安通贩

メーカー:UMBRO/アンブロ   メーカーカラー:レッド&ブラック シーズン:17/18           素材:ポリエステル100% 商品詳細:   1.FCニュルンベルクは、ドイツ・バイエルン州・ニュルンベルクに本拠地を置くサッカークラブチーム。 商品特徴: 1.サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカモデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。 2.ユニークな素材は余分な熱を吸収し、必要に応じて体内に戻される、スポーツ用ラベルはシャツの内側に使用されています。 3.襟元は伸縮性に優れたリプ仕様です。 4.新しいジャージーは背中全体に通気性の高いメッシュ素材を使用して、レース中の熱を素早く放出するのに役立ちます。